"未分類"の記事一覧

チョンブリ0-2G大阪 ガンバ、強敵を下してトーナメント進出

 全南(韓国)、アデレード(オーストラリア)、チョンブリ(タイ)という組み合わせを初めて聞いた時には、実力的にはチョンブリが4チームで一番下なのだろうと思っていた。とんでもない間違いで、チョンブリが一番の強敵だった。  チョンブリ選手達は決して体格に恵まれているわけでもないのに1対1に強いし、ボールテクニックもある。攻撃時に崩すアイデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグとか鹿島のACLとか

マンチェスター・U 4-1 ウェストハム  ウェストハムはマンチェスター・Uに3連勝中だった。誰かどうやって3連勝したのか教えてほしいと思うくらい、マンチェスター・Uの快勝だった。  途中交替してベンチに戻る時のクリスチアーノ・ロナウドが「俺はもっと点取りたいんだよ」と、とても不機嫌そうだったのが、印象的だった。  クリスチア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FC東京0-1名古屋(生観戦) ミスも多かったが、面白かった試合

 ここまでのJリーグの戦績 F東京 △○△●○○○●○○ 勝ち点20 2位 名古屋 △○○○○○○●●● 勝ち点19 3位  5月連休にサッカーを見に行こうと4月中旬くらいから計画していた。その頃は好調名古屋のサッカーを見に行きたいと思っていたのだった。  しかし、FC東京が自分が思っていた以上に上位に来ていたので、見に行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチューカ 2-1 デポルティボ・サプリサ あまり期待しないで歓迎しよう

 2008年の北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)代表クラブ決定戦は、昨年の代表でもあるメキシコのパチューカとコスタリカの間で争われた。勝利者は日本で行われるクラブW杯に出場する。第一戦はサプリサのホームで行われ1-1だった。  パチューカは続くこの第二戦で勝利し、北中米チャンピオンとなった。  昨年もこのCONCAC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月3日のJリーグから

大宮0-3FC東京 素晴らしいチームのお馬鹿なディフェンス  何が素晴らしいといって、Nack5スタジアムがほぼ満員(13788人)なのが素晴らしい。大宮のホームでFC東京が相手でこれだけの人が来た。大宮のホームゲームは駒場を間借りしていた時に3度行ったが、こんなに観客で埋まったことはなかった。  勝つこと、サッカーが面白いこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮徹壱氏についての個人的な思い出

 宇都宮徹壱著「股旅フットボール」を買って読んだ。  それを機会に、宇都宮氏についていくつか思うところを書いてみる。  面識はない。  宇都宮氏の名を最初に知ったのは、2002年日韓W杯である。  日韓W杯では腹立たしいことがあった。韓国の試合における偏向審判と、それを正確に報じなかった日本のマスコミだ。  韓国-イタリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアリーグを眺めながら

 今シーズン、NHK-BSでイングランドのプレミアリーグを放映している。現在、今期二試合を残してマンチェスターUとチェルシーが勝ち点同数で並ぶという、まさに佳境である。  何度も書いているが、私は海外サッカーリーグを見るのがあまり好きではない。知らないプレーヤーばかりで親しみが涌かない。外国人の名前が覚えにくいから、なおさら見るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏0-2清水、横浜M3-0千葉、哀しいが予想通り

柏0-2清水  清水は藤本が復帰し、状態が良くなってきた。  柏はフランサを始め怪我人が多数いるところに例の事件があり、さらに李が「傷害の意図のない乱暴な行為」で4試合出場停止。マーフィーの法則に、最悪の事態は最悪のタイミングで起こる、というのがなかったか(←ないかもしれない)。  それで清水が勝つだろうと思ったが、その通りだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月26日(土)のJリーグから

 このところ忙しく、ようやく(以下略)。  4月26日(土)の関東近辺はとても寒い一日だった。雨の中のゲームも多かった。それは少なからずゲームに影響を及ぼした。 甲府1-0愛媛  甲府のサッカーが変わってきた。ショートパス打開にあまり拘らなくなり、ロングボールを多用するようになってきた。  現在もっとも決定力のあるジョジマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京国安1-0鹿島 下り坂の鹿島は苦境を乗り切れるか

 このところ忙しく、ようやく録画を見ることができた。  結果は知っていた。どうやって点を取られたのかも。だからもっとも印象に残ったのは、ラインを上げた岩政とそれに呼応しなかった伊野波ではなかった。  表情だ。野沢や田代は目の焦点が定まっていなかった。疲れ切っていた。  連戦が続いて疲弊してくると、走れなくなるばかりでなく、蹴っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more