"サッカー"の記事一覧

皇后杯決勝 日テレ4-0I神戸 日テレ後半に畳みかける

 日テレ東京ヴェルディベレーザ 対 INAC神戸ネオレッサ。正式名称が長い。  序盤はI神戸のプレスが効いていて、惜しいシュートもあった。しかし、次第に日テレがポゼッションを取って主導権を握った。それに対してI神戸は3バックとサイドバックが戻る実質5バックで守り、当初は破綻を見せなかった。  しかし39分日テレ右サイド、藤野との…
コメント:0

続きを読むread more

日テレ3-1新潟、I神戸2-1埼玉

 皇后杯準決勝。 日テレ3-1新潟 日テレ快勝  試合は日テレが圧倒して始まった。まず3分、宮川からパスを受けた藤野がドリブルで抜け出してシュート。決まってあれよという間に先制。続いて12分、左サイド宇津木のロングフィードを中央で受けた植木が右足でゴール左に強シュート。これも決まって2-0。  新潟は守ってカウンターを狙う…
コメント:0

続きを読むread more

日テレ3-0広島、I神戸2-1浦和

 鏡開きをした餅が湯の中で、でろでろになっているのを見たら、諸星大二郎の漫画かメイド・イン・アビスのようだと思いました。どんと祭が終わると一月も、正月気分が抜けてただの寒い冬ですね。皆さまお元気でしょうか。 日テレ3-0広島 徐々に日テレ圧倒  皇后杯準々決勝。決勝常連の日テレに対して広島は皇后杯の試合を観た記憶が殆ど無…
コメント:0

続きを読むread more

岡山学芸館3-1東山 岡山学芸館初優勝

 高校選手権決勝。どちらも勝てば初優勝。県勢としても岡山なら初優勝。京都なら55大会ぶりになるとのこと。  前半、東山のほうが攻めていた。しかし岡山学芸館はゴール前でしぶとく、相手に有効なシュートを打たせなかった。  先制は岡山学芸館。25分、田口から右サイドの今井にスルーパス。この時東山の左サイドバックは前に出ていて今井がフリ…
コメント:0

続きを読むread more

藤枝順心1-0十文字 エアポケットを逃さず

 第31回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の決勝。正式名称が長い。場所はノエビアスタジアム神戸。  5分十文字、村山がいきなり強烈なシュートを放ったが藤枝順心ゴールキーパー菊池がセーブ。  序盤からずっとボールの奪い合いが激しく、どちらもよく走って攻守の切り替えも速かった。フォーメーションは共に4-3-3という話だったが、正…
コメント:0

続きを読むread more

岡山学芸館3-3(PK4-1)神村学園、東山1-1(PK4-2)大津

岡山学芸館3-3(PK4-1)神村学園 点の取り合いはPK戦へ  二回戦以降ご無沙汰だったがミヤギテレビは準決勝でようやく放映してくれた。  岡山学芸館は左ウィングからの攻撃が有効。神村学園は評判通り大迫の技術と福田の決定力が光っていた。  6分岡山、ゴールキーパーからのフィードのクリアボールを跳ね返した後に田邉が左にはた…
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ中、このブログへのアクセス数

 このところの「折り返して逆サイド」のアクセス数は日に数十人といったところである。  読んでくださるのはありがたい。大したものを書いているという自覚はないので、どんな人が何を求めて読んでいるのだろうとも思う。書いているものは大体がサッカーテレビ観戦記だが、時々変なものを書いている。変なもののほうが需要が高いのかもしれない。  さ…
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップのアディッショナルタイム

 今回のカタールワールドカップではアディッショナルタイムが長いと話題になった。これまで後半のアディッショナルタイムといえば、3分~5分くらいだった。それがW杯では5分~10分くらいと長かったのである。  プレーしていない時間を正確に反映するとそうした時間になるらしい。  前半は痛んでいる選手などのアクシデントが無ければ2~3分く…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

 2023年のサッカーについて予定を調べてみた。 浦和が出場するAFC CL決勝は4/29と5/6。5/6が埼玉スタジアム UEFA CL決勝は6/10 トルコ アジアカップの開催地が中国からカタールに変更されており、日程は未定 MS&ADカップ2023が7/14ユアスタ。日本女子代表出場 女子ワールドカップは7/20~8…
コメント:0

続きを読むread more

聖和学園0-4東山 完敗

 一回戦でドリブルとセットプレーで魅せた聖和学園だが、二回戦の東山戦は完敗に終わった。  東山は前からボールを奪いに来て、聖和学園の選手たちが気持ちよくドリブルするスペースを潰した。仮にドリブルでペナルティエリアに入られても、サイドへ角度のない所へとコースを切って最終的なシュートはゴールキーパー佐藤が止めた。  前半は0-0だっ…
コメント:0

続きを読むread more