木曜映画サイト 「8 1/2」相性の悪い映画

 フェデリコ・フェリーニという名監督がいる(1920 - 1993)。昔の監督なので私が観た映画はあまり多くなく、「道」「甘い生活」「8 1/2」「インテルビスタ 」のみ。  このうち、「インテルビスタ(1987)」だけは封切りで見た。晩年のフェリーニが、自分の撮ってきた映画について語るかのような映画だった。フェリーニを余り観ていない…
コメント:0

続きを読むread more

木曜映画サイト カラオケ行こ! 雑感

 平日に行ったら席が半分くらい埋まっていた。平日鑑賞者五名などという映画もある中で随分人気があるものだ。  男女比は女性が九割くらいだった。私は漫画原作なのを知ってはいたが読んでいない。ひょっとしてこれは男と男のカップリングもので腐女子が集まっているのかと不安になった。  だが少なくとも、いわゆる該当場面はなかった。  見知ら…
コメント:0

続きを読むread more

引退した選手に一言

小野伸二  天才。小野がいたために、他の誰も、中田も俊輔も小笠原も遠藤も憲剛も天才と呼ばれることはなかった。怪我が無ければとはよく言われたが、天才という言葉は悲劇性を伴うものである。  怪我の後でも彼のプレーは驚異的だった。なぜそこへパスが出せるのだろう。なぜそこへパスを出そうと思いつけるのだろう。彼のプレーを見る度にそうした思いに…
コメント:0

続きを読むread more

日本1-2イラン 日本が実は弱かった

 日本が実は弱かった、ということが確認できたアジア杯だった。  欧州でプレーする選手が多いので、欧州相手なら強いのだが南米とアジアには弱いという話かもしれない。  前半の大然の起用と上田のワントップは良かった。  大然の俊足を生かした攻守にわたる活躍は素晴らしかったし、上田は地上戦でも空中戦でも競り勝っていた。だがそれがむしろ…
コメント:0

続きを読むread more

木曜映画サイト 田宮二郎と白い巨塔

1965年 白い巨塔 小説完結 単行本発売 1966年 映画「白い巨塔」大映制作 1968年 続・白い巨塔 小説完結 1969年 続・白い巨塔 単行本発売 1978年 「白い巨塔」田宮企画・フジプロダクション制作(テレビドラマ) 1978年 田宮二郎、死去 「白い巨塔」と聞けば、2003年唐沢寿明主演のテレビドラマを思い…
コメント:0

続きを読むread more

皇后杯決勝 I神戸1-1(PK6-5)浦和L 九死に一生を得たI神戸がPK戦勝利

 前半は浦和Lが優位だった。安藤と猶本を故障で欠いた影響を見せず、前からボールを奪い、次々とゴールに迫っていた。注目して見ていたのはまだ19歳というボランチの角田。身長は低いのだがよく動く。時折見せるドリブルの重心が低く取られにくい。将来が楽しみである。  浦和Lの先制は19分。清家がクロス、と思ったらI神戸の竹重に当たり、絶妙なルー…
コメント:1

続きを読むread more

木曜映画サイト 「PERFECT DAYS」劇中曲の歌詞を読んで

 映画「PERFECT DAYS」では、主人公平山が流すカセットテープから音楽が流される。  そのうち私がよく知っている曲は、“THE HOUSE OF THE RISING SUN”と、“(SITTIN’ ON)THE DOCK OF THE BAY”の2曲。その歌詞を思い返すと、これは容易ならざる選曲だぞと思った。それでよく知らな…
コメント:0

続きを読むread more

皇后杯準決勝 I神戸3-2EL埼玉、浦和L3-3(PK4-2)広島R

 どちらも延長戦にもつれ込んで、日の高い時から見ていたのに二試合終わったら外が暗くなっていた。タルコフスキー二本立てでも観たような気分であった。 I神戸3-2AS埼玉 あんなんが入るのか、って狙ってたのか  I神戸が優位に試合を進めていたが、AS埼玉がしぶとく守って離されずについていった。  39分I神戸、ダイアゴナル…
コメント:0

続きを読むread more

日本1-2イラク 忙しない

 久しぶりに日本が負けた試合を見た。  当然のことながら、負けた試合を見ると日本が弱く思えてくる。  ザイオンは反応速度が優れている。アジア杯が終わる頃には経験を積んで良いゴールキーパーになっていると思う。問題はいつ日本のアジア杯が終わるかだ。さすがに3試合では終わらないと思うが、4試合で終わるのだろうか。  朝日新聞で、…
コメント:0

続きを読むread more

木曜映画サイト ホラーではなかった「ヴァチカンのエクソシスト」

 以前にも書いたが、私はホラー映画は苦手だ。なぜ金を出して恐い思いをしなければならないのか、負の感情をかきたてなければならないのか、理解に苦しむ。  ところがサスペンス映画は好きだったりする。刺激的なドキドキワクワクは良い。ヒッチコックで言うなら「サイコ」は好きだが、「鳥」は苦手だ。  私が初めて観たホラー映画は「エクソシスト」…
コメント:0

続きを読むread more